阪東橋駅周辺をめぐる

市営地下鉄阪東橋駅を出ると横浜橋商店街のアーケードが見える。
バマのアメ横“と呼ばれるだけに、品物の豊富さと安価に驚かされる。
まずはここでお弁当をケットしよう。
横浜橋商店街を抜けると、中村川に架かる三吉橋のたもとに、三吉演芸場が見えてくる。
1930(昭和5)年開業の常打ち芝居小屋だ。
主流の舞台は芝居と歌、踊りの三部構成だが、時には落語、浪曲などの色物を加え、その存在を誇っている。
地元在住の桂歌丸も年に数回出演し華を添える。
橋を渡ると、左手には近辺住民の氏神様である中村八幡宮がある。
八幡様を後にし、勾配の厳しい坂・狸坂を上りきると唐沢公園に到着する。
ここから眺める景観は見事で、特にみなとみらい21地区の夜景は横浜一と賞賛されることもある。
ここで一休みしたら、山元町商店街まで下りの道だ。
かつては競馬場への通り道としてにぎわった町だが、現在は寺町への道として、彼岸・盆時には多くの人々が行き交う。
しばらく道なりに歩いて行くと根岸森林公園に行き着く。
元は競馬場であるこの場所は1977(昭和52)年に現在の公園として開園し、ウメやサクラなど季節の花と緑の芝生で多くの人の憩いの場となっている。
●中村八幡宮の参道登り囗に、1874(明治7)年の近代測量による地図作成が行われた際の基標がある。

 

三溪園でお花見の後は横浜でデリヘル探し
横浜デリヘル